女性の肌荒れの主な原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)の一つとして、女性特有の生理があります。生理は約一か月に一度訪れる妊娠するためのメカニズム(はっきりと仕組みがわかっていても、改善策がみつからないこともあるようです)であり、排卵と生理を繰り返していきます。その一か月の排卵と生理のサイクルの中で、女性ホルモンの状態やバランスに変動が起きるために、肌荒れが生じてしまうようです。ですので、生理の時だけ肌が荒れるというものではなく、一か月の間に女性ホルモンのバランスにさまざまな変動があるので、荒れやすい時期と荒れにくい時期があるのです。では、その女性ホルモンのバランスの変動で、肌の状態がどう変わるのかを見ていきましょう。まず、生理中だからって、生理中は女性ホルモンの分泌量が一番減少する時期ですので、体調不良を起こしやすくてなり、それが肌荒れ(外的要因と内的要因があるといわれています)にも繋がってきます。そして、生理が終わった1週間ぐらいの時期は、だんだん女性ホルモンの分泌が増えていく時期ですから、自然と肌荒れが改善されたり調子が良くなってきたりします。その後の排卵期になると、排卵前は肌の調子はいいですが、排卵した後は皮脂の分泌が盛んになるので、肌が脂っぽくなったり、ニキビや吹き出物が出来やすくなる時期です。それから、生理前ですが、生理前の期間ということで女性ホルモン(規則正しい生活と栄養バランスのとれた食事をすることで、分泌量が増えるでしょう)のバランスが崩れやすく、肌が荒れやすい時期になります。ニキビや吹き出物も出来やすく、また、頭痛や腹痛など体調にも変化が出てくるのです。このように、生理や排卵による女性ホルモンのバランスの変化によって、肌の調子が180度変わってきますので、その際の状態にあったスキンケアをすることが非常に大切ですー